気まま料理で レシピとか

日々思いついた料理を作って載せてます ちょっと凝ったものからお手軽なものまで たまに家族でおでかけした内容やツーリングとかも載せちゃいます

タグ:豚肉

無駄なく使い切り♪丸ごと大根と豚肉の塩炒め

今日は大根を使った一品ですねー丸ごと というのは大根の葉っぱや皮も全部使ったという意味ですねーしっかりと塩で揉んで炒めることでシンプルながらも深い味わいになってとても美味しく頂けました 【材料】2人分・大根(皮つき) 150グラム・大根の葉 100グラム・豚肉切

READ MORE

生姜の香りがアクセント♪和風バケットポーク

今日は以前にも作ったことのあるバケットポークをまた作ってみましたただし今回は味付けを和風にしてちょっと変化を加えました豚ヒレ肉はショウガと醤油を漬け込むことで焼いた時にいい香りになりましたねこのバケットポークはワイフがめっちゃ好きなので作りがいがあります(

READ MORE

爽やかな味わい♪豚肉とシメジのワイン丼

今日は何か丼ものが食べたくなったのであり合わせで作ってみました豚肉の切り落としとシメジを使って洋風な味わいに仕上げましたニンニクの香りと白ワインの酸味がとても美味しい一品でしたねーご飯がものすごい勢いで進んじゃいました 一応インスタもやってます 【材料】

READ MORE

不思議な組み合わせ♪プルーンポークフライ

今日はドライプルーンを使ってちょっとオシャレな一品を作ってみました薄切りの豚肉で巻いてフライにしますプルーンのしっかりとした甘さと豚肉のコクが相性がよくとても美味しかったですねー下味をしっかりとつけることで、プルーンの甘さが引き立ちいいバランスになってく

READ MORE

酸味が爽やか♪豚肉のレモン炒め

今日は豚肉を使った炒め物を作差ってみましたレモン汁で酸味を効かせた爽やかな味わいで夏らしい一品ですねシンプルな味付けなのでとても食べやすく美味しかったですレモン汁はそこそこ炒めても酸味が飛びすぎること無くしっかりと味が残るので使いやすいですねー 【材料】

READ MORE

ハワイの味を再現♪ポークチョップ

今日はトンカツ用の豚肉を丸ごと揚げる一品ですねスパイスとハーブを効かせているので唐揚とはまたひと味違いますね実はこれ新婚旅行で行ったハワイの「サイド・ストリート・イン」というお店で食べたのを思いつく限りで再現したものですこのお店のポークチョップが抜群に美

READ MORE

ご飯が進む味付けで♪豚肉のゴボウ巻き

今日は豚肉とゴボウをメインに使った一品ですね薄切りの豚肉でゴボウを巻いて中華風の味付けで焼きますゴボウは最初に下茹でしているので柔らかく頂けましたね甘辛い味付けが抜群にご飯と合う一品となりました 【材料】2人分・豚肩ロース薄切り 150グラム・ゴボウ 100グ

READ MORE

しょうが焼きのお肉で作る♪豚肉の南蛮漬け

今日はちゃんと料理の記事に戻りました(^^;しょうが焼き用の豚肉があったのでちょっと一工夫で南蛮漬けにしてみましたいい感じに脂ののった豚肉でしたが酸味の効いた味付けでさっぱりと頂けましたね豚肉の美味しい脂が馴染んだお野菜もこれまた美味しくペロっと食べてしまい

READ MORE

さっぱり頂ける♪豚バラ肉の海苔わさび

今日は焼肉用の豚バラ肉を使った簡単な一品ですね焼いて海苔とわさびで食べるだけこれがまたお酒のアテに最高でしたねー豚バラの脂がこってりしているのでわさびを多少つけてもツーンとならずに美味しく頂けました 【材料】2人分・豚バラ肉(焼肉用) 150グラム・焼きのり 

READ MORE

焼きそばの具!?キャベツと豚肉のソース炒め

今日はキャベツを使った簡単な炒め物ですねまぁ完全に焼きそばの具です(笑麺を入れなくても十分美味しく頂けますねーキャベツが今は安いのでついつい買いすぎたという時には大量消費が出来るのでいいですよー 【材料】2人分・キャベツ 250グラム・豚肉切り落とし 100グラ

READ MORE

がっつりお肉♪豚肩ロースのステーキと菜の花のソテー

今日は豚肩ロースをがっつりとステーキにした一品ですねソテーした菜の花を下に敷いて一緒に頂きます菜の花のほろ苦さが豚肉と相まってとても美味しかったですね豚肩ロース肉は脂がいい感じのついているので菜の花との相性が非常によかったですねご飯をガツガツいけそうな一

READ MORE

ギュッと丸めて揚げるだけ♪豚肉切り落としの唐揚

今日は豚肉を切り落としを使った唐揚ですね切り落としをギゅっと丸めることでしっかりとした食感の唐揚にすることが出来ますねこれがまたジューシーですごく美味しかったですね調味料は水分を少なくすることで丸めやすくしております豚肉の切り落としはとても安いので意外と

READ MORE

↑このページのトップヘ